2017年06月08日

今日のお話は『ドッペルゲンガー』です・・・

皆さんは『ドッペルゲンガー』という言葉をご存知でしょうか?



ご存知ないという方の為に簡単にご説明させていただきます。



『ドッペルゲンガー』とは、自分自身の姿を自分で見てしまうという現象や



同じ人物が同時に別の場所に現れる現象(それを第三者が目撃する事も含む)を



指します。



『え〜!?漫画じゃないんだから〜』



と、お思いの方も多いかと思います。



一言断っておきますが、私は心霊現象の類は一切信じておりませんし、



幽霊っぽいものを見た事なども一切ありません。



そんな私ではございますが、小学生の時に一度だけ祖母を二箇所で



目撃した事があるのです。



夏休みのある日、私は実家から十数分の所にあった祖母の家へ遊びに行きました。



何をするでもなく、テレビを見たり横になったりと、まったりとした時間を



ダラダラと過ごしていました。そんな折、用を足そうとトイレへ向かって歩いていると、



トイレ横にある脱衣所で祖母が洗濯機に衣類を放り込んでいるのを見かけました。



私は祖母に対して『ばあちゃ〜ん!』と軽く声をかけましたが、



返事は返ってきませんでした。ですが特に気にする事もなくトイレにて事を済ませ、



再度脱衣所の前を通ったのですが、まだ祖母は洗濯機の前に立っていました。



さすがに二度目は何も声をかけずにそのまま通り過ぎました。



脱衣所の前の廊下を抜けるとリビングがあり、その奥に台所があったのですが、



リビングに入った私は目を疑いました。何と数秒前に脱衣所にいたはずの祖母が、



台所で食器を洗っているではありませんか!?



私は急いで脱衣所に戻りましたが、既に祖母の姿はありませんでした。



"行き"と"帰り"の二度も見かけたのですから、さすがに見間違いという事は



ないと思います。



しかしながら、実際に祖母が二人いるはずもなく、祖母本人は当然ですが、



帰ってから父や母に話をしましたが、



『見間違えやろうかね〜』



と言われ、まともに取り合ってはくれませんでした。



それから数年が経ってこの事を姉に話してビックリ。



実は姉も幼少の頃に同じ体験をしていたという事がわかったのです。



しかも私と同じく祖母を二箇所で見たというのですから、



何とも不思議な話ですよね。



実は祖母は双子だったのです!



なんて落ちはございませんので悪しからず。



豆知識ですが、かの有名な『芥川龍之介』は、



生前に自分自身の姿を見てしまった事があったそうです。



この事が彼の自殺の原因に直結しているかどうかまでは



わかりませんが・・・。



駄文失礼しました、オビわんでした。
posted by 歯科レセコン・カルテット15万円 at 12:59| Comment(0) | オビわん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする