2017年06月06日

季節の変わり目は。。。💦💦


こんにちは  わにわにこです

最近 眠っても眠っても まだ眠たい  💤💤
甘いものばかり 食べたくなる   → → それはいつもかな⁉

季節の変わり目などは、疲れが溜まりやすい時期ですね

疲れた時は休むのが1番

でも それだけではなく
普段からの食事 🍴 に気をつけておきたいものです。

普段は大丈夫なのに、疲れた時に出て来るアレルギーなんかもありますね

慢性的な疲労は万病の元と言われます

【 慢性疲労症候群の主な症状 】
○頭痛
○のどの痛み
○微熱
○関節痛
○不眠
○精神神経症状

疲れを取りたい時の食事
疲労回復の手助けになる食べ物

では、疲れを取りたい時の食事はどんな物があるでしょう

ビタミンB1を多く含む食品
うなぎ、玄米、大豆、いんげん豆、鶏肉などが代表的です。
また、にんにくがビタミンB1の吸収を良くしてくれる事も知られています。

ビタミンB1は、体内の糖質がエネルギーに変わる時の補助をしてくれる。
甘いものを摂り過ぎて、ビタミンB1が体内で足りなくなると、
 糖質が分解出来ない為
 体がだるく感じたり、しびれやむくみ、動悸などが現れます。


ビタミンB2を多く含む食品
レバーや卵、イワシ、豚肉、納豆、ナッツ類が代表的です。

ビタミンB2は、皮膚・粘膜・毛髪・爪の再生・老化防止などの作用があり、
 脂質の代謝を促進する働きがあります。

脂っこいもの、アルコールをよく摂る方、激しい運動をする方は
 ビタミンB2を多く消費してしまうので意識して摂りましょう。

欠乏すると口角炎や口内炎、肌荒れ、髪のトラブルなどが現れます。


ビタミンC、ビタミンEを多く含む食品
ビタミンCは 柑橘類やピーマン、ゴーヤなど。
ビタミンEは かぼちゃやモロヘイヤ、ニラ、落花生などが代表的です。

抗酸化作用が高く、体内の老化防止、活性酸素を除去する作用があります。


クエン酸を多く含む食品
梅干し、お酢、レモンなどが代表的です。

クエン酸はダメージを受けた細胞を修復するのに役立つと言われています。
乳酸を燃焼し、エネルギーに変えてくれる疲労回復効果のある栄養素です。
梅干し(無添加のもの)、酢などが健康に良いと言われるのはこの為です。


20170427_195340.jpg

ビール飲もうと思ったら、これが冷やしてあったぁ
嬉野茶コーラ 美味しかったぁ


posted by 歯科レセコン・カルテット15万円 at 09:44| Comment(0) | わにわにこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: